商人は孤独の中に生きる

「農民は連帯感に生きる」
「商人は孤独を生甲斐にしなければならぬ」

江戸時代の商人の心得です。ここでの商人は現在でいえば経営者です。
経営者は孤独です。常にリスクを伴う決定をし、その決定に対し責任を
負わねばなりません。成功すれば褒められてちやほやされますが、
失敗すれば犯罪者扱いです。

孤独に生きていかざるを得ない経営者の相談相手となるのが
顧問税理士です。
税理士の責任の重さに粛然とします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください