カマスの実験

カマスは肉食性の魚です。えさは小魚です。
海から取ってきたカマスを大きな水槽に入れます。えさを入れると一斉にとびつきます。
水槽の真ん中を透明なガラス板で仕切ります。水槽はガラス板で二つに区切られます。

カマスを一方の区分に入れて、もう一方の区分にえさを入れます。
カマスは一斉にとびつきますが、ガラス板があるため、えさに到達できません。
何度か同じことをやると、カマスはえさに全く反応しなくなります。
こうなると、ガラス板をはずしてえさを入れてもカマスは反応しません。

カマスが再びえさにとびつくようにする方法が一つだけあります。
新しいカマスを一匹だけ水槽に入れるのです。
新しいカマスはえさにとびつきます。それを見ていたほかのカマスもえさに
とびつくようになります。

えさにとびつかないカマスは、失敗を恐れて行動を起こさないビジネスマン
そのものです。
やろう、と思ったことはとことんやりましょう。
新しいカマスに先を越されると、死ぬほど後悔します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。