沛然

夕立が降るようなような勢いを沛然といいます。
まさに夏の夕立のようです。

定見を貫くことと、沛然と一挙に転化すること、一見相反することと
思われます。これを両立させ、我意を捨てて虚心坦懐にあること、
重職たるものの心得です。(佐藤一斎 重職心得箇条より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。