イトーヨーカドーの創業物語

近所にイトーヨーカドーの甲子園店があります。

私はここが好きで、よく買い物で利用しています。
品揃えが豊富で店の人が親切なので、気に入っています。

イトーヨーカドー好きの理由の一つが、
「創業の歴史」なのです。

イトーヨーカドーはもともと東京・浅草の「羊華堂」
という洋品店でした。
繁盛していたのですが、昭和20年の東京大空襲で
店を失います。

戦後すぐ、店を再開しました。
東京・北千住の中華ソバ屋さんの軒先です。

店を立ち上げたのが、伊藤雅敏現名誉会長の
お母さんとお兄さんである伊藤譲さんでした。

「お客さんは来ないもの」
「取引先は簡単に応じてくれないもの」
「銀行は貸していただけないもの」
ないない尽くしの再スタートだったのです。

「羊華堂」を実質的に立ち上げたのは伊藤譲さんでした。
丁稚奉公から修行して、苦難の時代を切り抜け、
店が軌道に乗ったときに喘息で亡くなられました。
45歳でした。

伊藤雅俊現名誉会長は、著書「商いの道(PHP研究所)」
にお兄さんのことを書かれています。
この件をを読むと、涙がこぼれそうになります。

商いの道

何度も読み返しています。まさに経営の原点です。

 

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑
クリックをお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。