創業補助金は交付されるまでが大変

創業補助金(平成25年度補正予算)の交付申請の
お手伝いをしています。

Aさんは創業補助金をうけようと「事業計画書」を作成し、
見事採択されました。

ところが、補助金交付のための手続書類作成で
困ったことが生じました。
依頼していた認定支援機関である税理士が、「できない」
といって投げ出してしまったのです。

創業補助金の交付までの流れは、このようになっています。
①採択まで  事業計画書を提出して採択の申請をします。
②事業実施  交付申請書を提出して事業を開始します。
③事業終了  事業完了報告書を提出します。
②交付まで  補助金の交付請求をします。

創業補助金は「採択」も大変ですが、「交付」
までの手続きもやっかいです。

提出する書類が多いのです。

報告書類を作成するだけでなく、支払の証拠書類
必要です。

補助金交付の対象となった経費(人件費、店舗借入費他)の
支払明細の他、人件費の場合だと出勤簿、給与明細、
給与振込受領書、雇用契約書等も提出しなければなりません。

また、経費に係る会計帳簿(現金出納帳等)の提出も
求められます。

会計ソフト導入による記帳入力もしておかなければなりません。

折角採択になったのに、手続きが嫌になって辞退する人もいます。
「辞退届」という書式まであります。

これから創業補助金を申請されようと計画されている方は、
是非「採択」だけでなく、「交付」まで念頭に入れて
いただきたいと思います。

セミナーを行います。
興味のある方は是非ご参加ください!

fbプロフィール1111

11月11日(水)14:00 ~ 16:00

『補助金だけでいいのですか?』セミナー
↑↑↑↑
ご参加をお待ちしています。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑
クリックをお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。