マイナンバーと給与システム

マイナンバー制度に関連して、ある会社で給与システム
の導入のお手伝いをしています。

「給与」は範囲が広く、給与手当・役員報酬に
賞与、退職金が含まれます。

給与計算では、所得税・住民税の税金関係、健康保険、
厚生年金、雇用・労災の社会保険関係が登場します。

残業も区分が多く、普通残業、深夜残業、休日残業、
休日深夜残業があります。
1円単位の端数計算もしなければなりません。

マイナンバー制度が始まると、個人番号の管理まで
しなければなりません。

給与システムの導入は、検討事項が多岐にわたるので
時間と手間がかかります。
従業員数が多いと更にやっかいです。

しかし、いったん導入して軌道に乗れば、給与計算業務は
かなり楽になります。
ランニングコストもそんなにかかりません。
マイナンバー制度の個人番号セキュリティも安心できます。

マイナンバー制度開始を機に、給与システム導入や変更も
一考かと思います。

px2①

TKCの給与システムを使っています。マイナンバー対策も大丈夫です。

 

fbプロフィール1111

2015年11月11日(水) 14:00 ~ 16:00

『 補助金だけでいいのですか? セミナー 』
↑↑↑↑
ご参加をお待ちしています。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑
クリックをお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。