マイナンバーの提供拒否

10月5日よりマイナンバー制度の「通知カード」
の送付が始まります。

いよいよ制度のスタートです。

事業者は、マイナンバーの収集をしなければなりません。
収集するのは、従業員と報酬の支払先になります。

よくお受けするマイナンバーに関する質問に、
「マイナンバーの提供を拒否されたらどうするのですか?」
があります。

国税庁のマイナンバーFAQにはこのように記載されています。

『個人番号の提供を受けられない場合でも、安易に個人番号を
記載しないで書類を提出しないで提出せず、個人番号の記載は
法律で定められた義務であることを伝え、提供を求めてください。

それでもなお、提供を受けられない場合は、提供を求めた経緯等
を記録、保存するなどし、単なる義務違反でないことを明確に
しておいてください。』

「なぜ、マイナンバーの提供を受けられないのか?」

について、理由を明らかにし、経緯を記録しておく必要があります。

あくまでマイナンバーの提供を拒否する場合は、
「マイナンバー提供の拒否についての確認書」
書式を作成し、これにに署名押印してもらうことが
必要でしょう。

制度がスタートしたばかりですが、事業者のマイナンバーの
収集は意外と手間取るように思います。

マイナ

マイナンバーを提供してくれないと困ります。 (マイナちゃん)

 

fbプロフィール1111

平成27年11月11日(水) 14:00~16:00

↑↑↑↑
『補助金をもらうだけでいいのですか?』セミナー

ご興味のある方は是非ご参加ください。

 

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑
クリックをお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。