消費税の軽減税率とインボイス方式

2017年4月から消費税率を10%に引き上げ、
同時に食料品などに
軽減税率を導入することが
予定されています。

この軽減税率の導入のために、簡易版インボイス
方式
が検討されています。

インボイス方式とは、商品を売る事業者が買い手の
事業者に発行する伝票に商品ごとの税率や税額を
記載し、この伝票に基づいて税額計算を行う、
というものです。

簡易版とは、軽減税率の対象となる商品はまとめて
税額等を記載できる、ということです。

消費税に軽減税率を導入しようとすると、
複数税率になってしまします。
そうなると、インボイス方式を導入せざるを得ないと
考えます。

インボイス方式になると、消費税額の計算は
どうなるのでしょうか?

税額等を記載した伝票(インボイス)を基に
会計帳簿を作成し、
消費税額を計算
することになります。

会計ソフトを使って、毎月、できれば毎日会計帳簿
を作成することが大事になってきます。
会計帳簿を基に、月次決算あるいは日次決算を
締めるのです。

適時に会計帳簿を作成することは、消費税額を計算
するためだけに行うのではありません。
日々の経営の指針としてとても大切なことです。

日々の会計帳簿を適正に作成していれば、
消費税が複数税率になっても
インボイス方式になってもあまり影響はありません。

消費税のインボイス方式(国税庁ホームページ)

fbプロフィール1111

平成27年11月11日(水)14:00~16:00

『補助金をもらうだけでいいのですか?』セミナー

↑↑↑↑
セミナーを行います。
ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

 

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑
クリックをお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。