戦災で滅失した戸籍謄本

亡くなった叔母の遺産相続の手続きをしています。

叔母の父(私から見ると祖父)の戸籍(除籍)謄本が
必要になりました。
ところが、市役所から交付できないといわれました。

戦災で滅失してしまったのです。
昭和20年8月8日、広島県の福山市に大空襲が
ありました。

祖父の除籍謄本がなくても今回の相続手続は
できるのですが、我家の家系は昭和20年以前は
遡れなくなりました。

戦災で我家は散々な目にあったのですが、
戸籍謄本までなくなっていたとは
思いませんでした。

祖父母の孫たち(私もその一人です)が比較的
安逸な暮らしができるのは、祖父母の戦中戦後の
苦労のおかげかもしれません。

福山大空襲

昭和20年8月8日 福山大空襲

 

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑
クリックをお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。