税理士はいらない?

最近「なくなる仕事」がよく取沙汰されています。
「なくなる仕事」の筆頭候補が税理士です。

オックスフォード大学オズボーン教授の論文に「なくなる仕事」
があります。
・税務申告代行者
・データ入力作業員
・簿記会計監査の事務員
まさに税理士事務所の業務です。

『作業』はコンピュータやロボットに任せるのがいいでしょう。
申告作業、入力作業、伝票作業など機械が得意なことを、
人がやっていてはいけません。

人件費の高い税理士事務所の「人」は、
コストに見合う成果をあげなければなりません。

昨今は第4次産業革命の時代ともいわれます。
21世紀の税理士はこのような『仕事』をして
いかなければならないと考えます。
・新しいIT等の技術を取り入れ、
 ・作業を高能率で行える仕組みを作り、
 ・顧客の業務生産性をあげていく、

『作業』ではなく、しっかり『仕事』を
していれば、税理士はいらない、と
言われることはないと思います。

c%c2%a8%c2%8ec%c2%90%c2%86aa%c2%83%c2%90a%c2%83%c2%83a%c2%82%c2%b8

税理士の仕事は必要だと 思います。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。