103万円の壁がなくなっただけでは不十分

与党の平成29年度税制改正大綱が
発表されました。

改正の目玉は配偶者控除の見直しです。

控除対象配偶者の年収上限を103万円から
150万円に引上る、とういうものです。
パート主婦は就業時間を調整し、
年収103万円以内に抑える傾向が
ありました。
いわゆる「103万円の壁」を解消しよう、
というものです。

しかしまだ不十分です。

社会保険では「106万円の壁」があります。

配偶者は、
社会保険の扶養に入るためには
年収を106万円未満に抑えなければ
なりません。
(大企業のパートの場合)

税と社会保障の負担は一体で
取組まなければなりません。

税制だけ壁を解消しても、
社会保障はそのままだと片手落ちです。

c%c2%a8%c2%8ea%c2%88%c2%b6ae%c2%94%c2%b9ae%c2%ad27

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。