TKCクラウド会計の導入⑤ 「支払管理」

支払先ごとに支払方法や支払科目、振込先
情報などを予め登録することができます。
支払先の約定登録

これを行うことにより、インターネット
バンキング用の全銀協フォーマットの振込
データを作成できます。
支払仕訳も払先ごとに自動計上されます。

とても便利な機能ですが、
支払先ごとの約定をシステムに登録する
ことがやっかいです。

支払先への振込口座名義を半角40字以内
しないといけません。
支払先管理しているエクセルデータから
読込もうとするとエラー続出となりました。
四十字超や全角文字のオンパレードです。

なんとか名義情報を修正すると、
今度は銀行情報のエラーです。
支払先管理データの銀行情報が古く、
最新の銀行コード・支店コード
になっていないのです。

銀行の合併消滅や支店統廃合による
コード変更に、ついていけてなかったのです。

支払管理の自動化(振込データ自動作成と
支払仕訳の自動計上)はすばらしく便利ですが、
導入には手間ひまかかるのです。

http://www.tkc.jp/fx4/func/function/index2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。