クラウド会計

(1) クラウド会計

①クラウドとは
「クラウド」とは、データやサービスを自分のパソコン等(自社環境)ではなく、インターネット上で
活用する使い方やテクノロジーの総称です。

 自宅や会社、外出先など様々な環境のパソコンやスマホ、タブレットからデータを閲覧したり
アップロードしたりすることができます。

 ②クラウド会計のメリット → 「仕訳の自動化」がポイント
クラウドを活用した会計ソフトが急速に普及しています。これらのクラウド会計ソフトのメリットは
仕訳の自動化」です。
インターネットバンキングやクレジットカードの取引明細を取込み、自動で仕訳を計上する、
というものです。

また請求書機能や給与計算機能、経費精算機能も装備しており、ここからのデータも
自動仕訳化されます。

③「仕訳の自動化」だけでは勿体ない → 「業務の効率化」がポイント

クラウド会計のメリットは「仕訳の自動化」だけではありません。
「仕訳の合理化」は、経理の効率化です。

クラウドの活用を、会計だけでなく連携する業務にも広げることができます。
クラウド会計の最大のメリットは、連携する業務システムとのネットワーク化による
「業務の効率化」を行えることにあります。

〇最新のシステム(クラウドシステム)を活用し、
〇人員を最小限に抑えて1人当たりの生産性をアップする。

「業務の効率化」の具体的イメージです。

(2) 中堅大企業向けクラウド会計ソフト 「FX4クラウド」

①経営者のための業績管理機能

・最新業績の確認
変動損益計算書により、全社の最新業績を一目で把握し、前年同日、
経営計画比較や同業他社との比較が可能になります。

・部門別の業績管理機能
組織体系に応じた「部門の階層管理」の他、部門横断的な「部門
グループ別管理」に応じた業績管理が行えます。

・オリジナル帳表の作成
FX4クラウドのデータを使用したオリジナル帳表をエクセルで作成
できます。(マネジメントレポート設計ツール)



②経理業務の大幅な合理化を実現
・業務システム(販売、在庫管理等)から切出したデータを、FX4クラウド
の仕訳データに変換して読込みます。幅広い業務システムとのデータ
連携が可能となります。(仕訳読込テンプレート)

・法令改正への迅速対応

・電子データでの会計帳簿保存



③TKC会員税理士のサポート
・TKC会員税理士が毎月巡回監査を行い、会計帳簿の内容の適法性、
正確性及び適時性を検証したうえで月次決算を行います。



④クラウド、フィンテック
・クラウド対応
複数拠点から同時にFX4クラウドを利用し、最新業績の確認やデータ
入力をを行えます。(全支店からの遠隔地利用が可能)
・FinTech(フィンテック)サービス
複数の金融機関(銀行や信販会社)から、インターネットを利用して
取引データを自動受信できます。


(3) 小規模企業、創業者向けクラウド会計ソフト 「MFクラウド会計」

①インストール不要
・インターネットのクラウド上で利用できるので、従来の会計ソフトのようにパソコンへの
 インストールは不要です。

②自動仕訳
・銀行口座やクレジットカードの取引明細を、Web上から自動取得します。
・CoineyやAirレジといった決済サービスやレジアプリのデータも取り込めます。

③いつでもどこでも利用(インターネット環境)
・普段使用しているパソコンでなくとも、Macやスマホでも利用可能です。

会計ソフト「MFクラウド会計」