神戸のシナゴーグ(ユダヤ教会)

私が英会話を習っていたときの先生に、ユダヤ系のカナダ人がいました。
彼に案内してもらって、神戸・北野にあるシナゴーグ(ユダヤ教会)を訪問した
ことがあります。
真黒な服をきて、黒い大きな帽子を被ったラビが出迎えてくれました。
祭壇の上部には「十戒」の石版があります。
祭壇の奥にはサンクチュアリ(神聖な場所)があり、タルムード(聖典)が
設置されています。
タルムードは羊皮紙に肉筆で書かれていて、一ヶ所も間違いの修正がないそうです。

教会の座席は60席ほどありました。後方に衝立(パーティーション)があり、
その内側にも座席があります。
内側席は女性の席です
「女性差別ではないのですか?」と、ラビに聞きました。
「男には男の務めがあり、女には女の役割がある。ユダヤ教の伝統です。」と、
ラビは言いました。
正論だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください