「武庫」の由来

当事務所の所在地は、阪神電車の武庫川駅の最寄です。
武庫川が西宮市と尼崎市の境になります。

「武庫(武庫郡)」はもともと神戸市、芦屋市、西宮市、尼崎市一帯の地名でした。

奈良時代の文化の中心地は大和でした。
大和の隣が河内です。かつては海に近い湿地帯でした。
河内のむこう側が、「むこ」という地名になりました。
後の時代に「武庫」という漢字を当てはめたのです。

昔の人の発想はわりと単純だったのですね。
なんとなく親しみがわいてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください