功徳天と黒闇天①

ある家に美麗端正な婦人の来訪がありました。その家の主人がどなたですか、
と問うと「私は功徳天です。私の来るところに吉祥福徳が生じます。」と答えました。
主人は喜んで婦人を家に招き入れました。
婦人は言いました。
「もう一人連れがいます。後から来ますが呼んでもいいですか?」
主人は了解しました。
しばらくしてもう一人の婦人が来ました。容貌醜悪でした。
主人はどういう婦人か訊ねました。
「私は黒闇天です。私の来るところに不祥災害が生じます。」と答えました。
主人は怒ってすぐに出て行くようにいいました。
黒闇天はいいました。
「功徳天は私の姉です。私たち(功徳天と黒闇天)はいつも一緒にいます。
 出て行くときも一緒です。」
これを聞いた主人はしばらく考えた後、二人とも出て行くようにいいました。
(二宮翁夜話より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。