汝は画れり(なんじはかぎれり)

孔子先生と弟子の冉求の対話です。
冉求「孔子先生、私は先生の教えを喜ばないわけではありません。でも実行するには
私の力が及ばないのです。」
孔子「お前は自分で自分を見限り、俺は駄目だと最初から見切りをつけている。
これでは目標が達成できるはずがない。」
(原文では「汝は画れり なんじはかぎれり」)

人間は自分の思ったとおりに自分をつくることができるように、天がつくりだしました。
折角天が命をあたえてくれたのに、精一杯活用しないで限界を作るのが人間です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。