族譜

尼崎倫理法人会のモーニングセミナーでチ・ヨン氏の講演を聞く機会がありました。
その後の食事会のとき、同氏の族譜を見せてもらいました。
族譜とは、一族の家系図を記した記録帳です。約千年の家族の歴史が
記されていました。
韓国ではとても貴重なもので、代々長男が受け継ぎます。

家系図は、命のつながりを文書で表したものです。
先祖から頂いた命を精一杯活用し、それを後世に伝えていく、儒教の精神です。
族譜のある家系をうらやましい、と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。