ライバルの成功を祈るタイガーウッズ

2005年アメリカンエキスプレス選手権最終日、
タイガーウッズは打ち終えてトップでした。ライバルが一打差で追いかけます。
最後の一打のパットが入ればタイガーと並びます。はずせばタイガーの優勝です。
タイガーは相手の一打に「入れ!」と念じたそうです。
なんと相手の成功を祈っていたのです。

タイガーは米グリーンベレーの将校だったお父さんの影響で、
「自分の理想を高くイメージせよ」と教育されてきました。
他人のミスで勝っても喜ぶわけにはいかないのです。
最高のライバルに勝つ自分、というイメージがあったのです。

相手のパットは入らず、タイガーの優勝となりました。
相手のパットが入ったとしてもタイガーは優勝していたでしょう。

「最高の自分」をイメージして常に努力する、を続けていくと
現実はイメージどおりに近づいていくと考えます。
(苫米地英人 「テレビは見てはいけない」より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。