幸せの黄色いハンカチ

山田洋次監督の映画「幸せの黄色いハンカチ」のハリウッド・リメーク版が
来月公開されます。
山田洋次版は、刑期を終えて出所した高倉健の演じる主人公が若い男女に応援
されて妻の元へ帰る、というストーリーでした。
ラストシーンは予想できるのですがやはり感動してしまった、という記憶があります。

出所した健さんが食堂に立ち寄って食事をする、というシーンがあります。
健さんはカツどんとラーメン、ビールを頼みます。ビールを注いだグラスを両手で
持って一気に飲み干し、カツどんとラーメンを交互にむさぼるように食べます。
刑務所を出た直後の男の情景がとてもよくわかります。
健さんだけでなく、桃井かおりの演ずる「都会の女性」や武田鉄也の「田舎者」
の情景も細やかに描かれていて共感できました。

山田洋次版を見たのは随分前ですが、ハリウッド版も見てみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。