震災から16年

1月17日は阪神・淡路大震災のあった日です。
当時私は東京にいました。朝、テレビで「淡路島で震度6の地震があった」との
ニュースを見て家を出ました。帰宅後、テレビを見ると高速道路が倒れている
映像が映っていました。大変な大地震です。当初電話のつながらなかった
川西の実家の被害もたいしたことがなくて幸いでした。
連日、テレビで六甲、住吉、西宮といった慣れ親しんだ阪神間の惨状が
ながれてきました。東京にいた私にできたことは義捐金をおくることだけでした。
震災の2ヵ月後、東京でオウム真理教のサリン事件が発生しました。
その半年後、私は長年住んでいた東京を離れ、関西へ戻ることにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。