フィンテック会計

「フィンテック」は、最近頻繁にメディアに登場するように
なった新しい造語です。
金融(Finance)とテクノロジー(Technology)を組み合わせた
もので、金融とIT技術の融合のことをいいます。

仮想通貨(ビットコイン)や資産運用の「ロボアドバイザー」、
クラウドファンディングなど、急速に耳慣れない新語が
登場するようになりました。

フィンテック会計ではインターネットのクラウドサービスを
活用します。
金融機関の入出金明細やクレジットカード利用明細、
POSレジデータなどを、仕訳データとして取込みます。

会計の世界では、一昔前まで入力は「伝票」で行いました。
それから「パソコン入力」になりました。
今や「データ取込み」です。
パソコン入力は時代遅れになりそうな勢いです。

職業会計人である税理士は「税と会計の専門」なのですが、
「システムの専門家」としての側面ももたないといけないよう
な時代になってきました。

フィンテック会計

Fintech(フィンテック)の時代になりました。いいものはどんどん取り入れて いこう!

 

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください