夏を惜しむ

「惜春」や「惜秋」という季語はありますが、
夏を惜しむ「惜夏」はありません。

日本の夏は蒸し暑く、ひたすらに耐え難いものでした。
早く過ぎ去ってほしい、との思いから「夏を惜しむ」
という言葉は生まれなかったのでしょう。

私は夏が苦手でした。
暑くなるとバテてきて食も細るのです。

夏の終わりを告げる涼やかな風を
感じると、本当にうれしくなっていました。

今年も9月に入り秋の気配がしてきました。
しかし今年はあまりうれしくないのです。

夏が惜しく感じるのです。

夏の暑い日も一日、秋の涼しい日も一日です。
一日に変わりはありません。
天から与えられた一日を意義あるものするのが
人の努めなのでしょう。

心境が変わってきたのでしょうか。
こんな域になりたいものです。
「晴れてよし 曇りてよし富士の山」

青空

夏の終わりと秋の初めは青空が美しい!

 

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください