〔公益法人〕非営利一般法人

Q:非営利一般法人とはどういうものですか。
  また非営利一般法人となるための手続きはどうすればいいですか。

A:①非営利一般法人の意義
 従来の公益法人(昨年12月の法施行後は特例民法法人)は、5年間の移行期間内に
  ・公益法人認定申請
  ・一般法人認可申請
 のいずれかをしなければなりません。このうちの一般法人には二つの類型が
 あります。この二つの類型は法人税法上の取り扱いです。
  ・一般法人「非営利型」
  ・一般法人「普通法人型」
「非営利型」とは一般法人で一定要件に該当する次のものです。法人税法上、
公益法人等と取扱います。
 ・非営利性が徹底された法人 
 ・共益的活動をする法人
「普通法人型」は法人税法上、普通法人と取扱います。

②非営利一般法人となるための手続き
 非営利型法人の要件のすべてに該当する法人は、特段の手続きを踏むことなく
 非営利型法人となります。
 上記の非営利が徹底された法人の場合の要件は次の通りです。
  (共益的活動をする法人の要件は省略)
  ・剰余金の分配を行わないことを定款に定めていること。
  ・解散したときは、残余財産を国等へ贈与することを定款に定めていること。
  ・上記の定款の定めに違反したことがないこと。
  ・各理事について、理事とその理事の親族等である理事の合計数が、
   理事の総数の3分の1以下であること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。