相続・事業承継

相続は「争族」?
相続はモメます。相続財産が多くても少なくてもモメます。
私の場合もモメました。

モメる理由は様々ですが、親族間で思いが違うこと、が
いちばん大きいのではないかと思います。

相続対策

まず、現状把握が大切です。
資産の相続税評価額はどのくらいか?
どう活用されているか?
納税資金の確保や遺産分割の可否などの確認が重要です。

円滑な相続のためには、遺言書の作成や生前贈与が考えられます。
被相続人の意思を反映したい時は遺言が効果的です。
子がいない、特に支えたい子がいる、といった場合、遺言書は価値があります。

贈与については、相続時精算課税や住宅資金・教育資金等について
様々な制度があります。

相続税申告と納税

相続税の申告は相続開始後10カ月以内にしなければなりません。
相続税額がある場合は、申告と同様に10カ月以内に現金で納付しなければなりません。

10ヶ月は長いようですが、遺産の確認や分割協議が長引けば
あっという間に過ぎてしまいます。

相続対策は、早ければ早いほど効果があります。

事業承継

円滑な事業承継のために、相続対策の他
自社株対策やM&Aの活用などの支援を行っています。

自社株の評価方法(類似業種比準方式など)や企業の
組織再編税制(スピンオフ税制など)はよく制度が変わります。

計画的な、早めの取組が有効です。